『ヤングフランケンシュタイン(映画)』の無料フル動画視聴方法!Dailymotionやパンドラも検証!

フランケンシュタイン映画をパロディ化されたヤングフランケンシュタイン。

コメディ映画の監督が作っただけあって、怖さだけでなくおもしろさが引き立つコメディ調に仕上がっている映画です

そんな映画ですが、この記事では、

ヤングフランケンシュタインの動画をを無料でフル視聴する方法

主要キャストや役者の紹介

主題歌の紹介

日本での舞台化は?

という豪華な内容でヤングフランケンシュタインの魅力を掘り下げていきたいと思います。

『ヤングフランケンシュタイン(映画)』を無料フル動画視聴する方法を徹底調査!Dailymotionやパンドラは危険?

こちらは現在執筆中となっています。
もうしばらくお待ちくださいませ。

『ヤングフランケンシュタイン』の主要キャスト・役者紹介

フレデリック・フランケンシュタイン博士:ジーン・ワイルダー

フランケンシュタイン博士の曽孫であるフレデリックは医学講師であり有名な脳外科医でした。

そんな彼が曽祖父である博士の遺産を継ぐことになり、屋敷に行くことになりました。

 

そこで知ったのは、祖父ヴィクターが死者を蘇らせる実験をしていたということ。

フレデリックもその実験を引き継ぐことにしたのです

フレデリック役ジーン・ワイルダーは1933年生まれ、アメリカ合衆国出身の俳優です。

演劇を学ぶため、英国への留学経験があり、その後米軍に徴用された経験もあります。

運転手や教師の仕事の傍ら、劇場の仕事を探し続け、1961年にブロードウェイへ進出しました

アルツハイマーの合併症のため、2016年に死去しています。

 

モンスター:ピーター・ボイル

死者を蘇らせることにより、フレデリックに造られたモンスター

精神異常者の脳みそを持っているため、何をしでかすかわかりません。

人の家に勝手に入り込んだり、暴れ出したり、騒ぎを起こします。

 

モンスター役ピーター・ボイルは1935年生まれ。

アメリカで俳優として活躍していましたが、2006年に71歳でこの世を去りました。

 

若い頃は、見習い僧として過ごした期間があったり、海軍少佐に任命されていた時期もありました。

生前の俳優としてのキャリアが始まったのは1970年頃

郵便局員の仕事をしながら演劇を学んでいました。

 

ドラマチックな演技がとても評価されていたボイルは数々の賞にノミネートされエミー賞を受賞しています。

 

アイゴール:マーティ・フェルドマン

フレデリックの助手であり、精神異常者の脳を持ってきてしまった人物。

アイゴール役マーティ・フェルドマンはイギリス出身の俳優で、またコメディアン、脚本家でもあります。

パセドウ病だったフェルドマンは15歳で学校を退学してしまいましたが、20歳の時、コメディアンになると決意しました

 

仲間と共に執筆したコメディの脚本が採用されてテレビにも出演することになりました。

他の有名なコメディアンとの共演も増え、知名度が上がり、ヤングフランケンシュタインへの出演がさらに有名になるきっかけを作っていきます。

 

イタリア映画にも出演経験を持つ国際的な俳優です

主題歌はヤング・フランケンシュタイン

テーマ曲には映画タイトルと同じ名前のヤング・フランケンシュタインという曲が使われています

作曲は数々の映画のテーマ曲を手掛けているジョン・モリスです。

 

John Morgan Orchestraによって演奏されているこの曲はゆったりとした感じがありますが、どことなく不気味な感じも残り、ヤングフランケンシュタインのイメージにぴったりですね。

 

盛り上がる部分に恐怖心をかき立てられるような感じがします。

歌詞はない曲ですが、感情が揺さぶられるような曲に仕上がっているのではないでしょうか。

日本で舞台化もされている?

そんなヤングフランケンシュタインの映画ですが、なんと日本でも舞台化されており、2017年の夏から上演されています。

フレデリック役には小栗旬、そしてモンスター役吉田メタル、他にも瀧本美織ムロツヨシも出演していますよ。

 

日本版ということもあり、日本独自のネタもたくさん盛り込まれています

笑いが絶えない内容になっていて、キャストのファンには嬉しい舞台作品になっているのではないでしょうか。

 

映画とは一味違う仕上がりになっていますが、一風変わった舞台を楽しめそうですね。

【まとめ】『ヤングフランケンシュタイン(映画)』を無料でフル動画視聴する方法&映画プチ情報

いかがでしたでしょうか。

この記事では、

ヤングフランケンシュタインの動画を無料フル視聴する方法

映画出演の主演キャスト、役者の紹介

主題歌の紹介

日本での舞台化の実態

などについてじっくりと解説してみました。

 

パロディ作品なのでコメディ要素が多くとても楽しめる映画であることがわかりましたね

音楽の背景もわかったところで、合わせて楽しめそうです。

一味違った日本の劇場版も見てみるとおもしろそうですよ。

 

原作のフランケンシュタイン映画、そしてパロディのヤングフランケンシュタイン、さらには日本の劇場版ミュージカルを合わせて視聴するとそれぞれの良さを楽しめるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました