東京ラブストーリー2020の最終話の結末ネタバレ!ひどい?切ない?賛否の感想を紹介

 

CMにもなり、話題沸騰中の令和版東京ラブストーリー2020。

平成版と異なり新たなる展開も盛り込まれ、若い世代から往年のファンまで、注目を集めている作品となります。

 

この記事では、そんな東京ラブストーリー2020の最終話の簡単なあらすじ、そして結末ネタバレについてご紹介いたします。

また、「ひどい!」「切ない・・」など、作品を見た視聴者の感想などについても触れておりますので、合わせてチェックしてみてくださいね!

 

東京ラブストーリー2020 最終話の簡単なあらすじ

リカの妊娠で動揺する完治。

「相談してほしかった」という完治に、「急に別れてほしいと言われて、言えるはずがない」と言うリカ。

 

答えが出せない完治とは裏腹に、和賀(眞島秀和)はリカにプロポーズします。

和賀と結婚する決意を固めたリカでしたが、完治への思いを断ち切ることができず・・・

 

東京ラブストーリー2020 最終話の結末ネタバレ

ここから先はネタバレとなります! ご注意ください


 

リカの妊娠を知った完治。


2人は答えを出せないままでいました。


完治はさとみを選んでいるのだから、答えなんて簡単に出るはずもありません。



 

更に完治は衝撃の事実を知ります。

 

和賀の家に、今リカがいるということ。


春に帰国したときに、完治と心がすれ違って涙していたリカと加賀が関係をもっていたこと。

そして
リカが身ごもっているのは、どちらの子かわからないということ・・・

 

加賀は自分の子ではなくてもリカと子供の面倒を見ていくつもりであることを告げ、リカから手を引くように完治に言います。


「リカを愛していない」と言う完治に、加賀はリカにプロポーズしたと伝えます。

 

その夜、リカからDNA鑑定の結果、お腹の子は加賀の子であるることがわかったと告げられる完治。


いつもの屋上で、2人でペイントした絵を眺めながら最後の時間は流れ、リカは完治に別れを告げます。


リカは加賀とともに歩む決意を固めたのです。

 

明るく別れようと提案するリカでしたが、別れ際に転びそうになった自分を支えてくれた完治を見ると、本当の思いが溢れます。

 


「私、カンチじゃなきゃダメだよ。ねえ、カンチ、私のこと愛してた?どうして、こんなことになっちゃったの?」


リカの思いを知っても完治は何も言えず、さとみのもとへ向かうのでした。

 

後日、事件は起きました。


加賀のもとからリカがいなくなったという連絡を受けた完治。


リカはプロポーズを断り、出て行ってしまったというのです。


 

リカに電話をかけるも全くつながらない。


そこで完治は、その日が愛媛で行われるお祭りの日であることに気づきます。

 


「来年こそは絶対に行くんだからね。海の見える神社のお祭りで、一緒にわたあめ食べるの

 

そう言っていたリカを思い出すと、
リカに会いたい、と強く思うのです。

 

お願いだから行かないで。絶対に嫌。私はもう永尾くんを失いたくない」


 

そう言ってすがるさとみを残し、完治はリカに会いに行きます。

 

愛媛の海辺には浴衣姿のリカがいました。


リカは本当の自分は、弱くて、怖がりで、かっこつけなのだと言います。

 


「お腹の子がカンチの子ならよかったのに。そしたら、また、カンチといられるのにって思った。
でも、子供ができたと知ったカンチの顔をみたら、カンチの子供じゃなくて良かった、と思った

 

自分が世界で一番愛する男と生きていくんだ。自分が愛してない男と生きるのも、自分を愛してない男と生きるのも私の生き方じゃないから」


 

自分を愛していない完治と生きていくのはリカの「生き方」ではないというのです。


「カンチのことは一生忘れない」
というリカに、完治は思いが溢れていきます。

 


「俺もずっとカッコつけてた。リカのこと本当は行かせたくなかったのに送り出した。俺はもう後悔したくない。俺はリカと生きていきたい。リカを愛してる」



そして2人はキスをします。

 

本当の思いをやっと通じ合わせることができたかに見えました。


でもその後、リカはあの日楽しみにしていたわたあめを買いに行くと言ったまま姿を消してしまいました。

 

来年こそは絶対に行くんだからね。海の見える神社のお祭りで、一緒にわたあめ食べるの

 

その約束は果たされないまま、リカは完治のもとを去ってしまったのです。

 

数年後・・
・完治はさとみと結婚することになりました。


リカは現代アーティストとして活躍しているという噂とのこと。

 



「世界のどこかでワクワクしながら生きてるんだろう。
そうじゃなきゃ、赤名リカじゃないから

 

切ない?ひどい?ネット上の感想を調べてみた!



 

平成版のカンチは困った顔や怒った顔が大半で、そんな顔にさせるリカが苦手だったけど、令和版のカンチはびっくり顔や泣き顔、とびっきりの笑顔もあって表情が多彩!リカ、ありがとう。

 

カンチ流されすぎ。最終回も「は?」って感じだし、さとみも雑に扱われる人生でいいんか?自分を生きるリカはかっこよかったけど・・・

 

泣いた〜。カンチとリカの関係が大好きだったし、リカの人生観、恋愛観が素敵すぎます。
リカの愛情を重く感じる人は、誰からも愛されたことがない人でしょ・・・

 

とにかく話題作とあってか、ネットにはたくさんの感想がありました。


平成版を知っている世代は、やはり令和版と比較してみている方が多いようですね!

年代によっても感想のばらつきを感じます。

 

総じて言えるのは、「リカファン」がたくさんできたこと(笑)

やはり、決意をした女性の強さは美しいですね!

 

でもリカは、「弱くて、怖がりで、かっこつけ」ゆえに、完治に頼ることができなかったのかもしれません。

リカの弱さと強さのアンバランスさは、最終話の魅力の一つだったように思います。

 

【まとめ】東京ラブストーリー2020の最終話の結末ネタバレ!

以上この記事では、東京ラブストーリー2020令和版の最終回の結末ネタバレ、そしてネット上の感想についてまとめております。

 

惜しまれつつも迎えた最終話。


ラストシーンでは号泣する視聴者が続出しました。

 

リカと完治の愛は実ることなく終わってしまいましたが、それぞれの愛に感動し、共感し・・心動かされるドラマでした。

平成版と見比べてみる、なんていう楽しみ方もありそうですね。

 

平成版の東京ラブストーリーは、『○○』の配信サービスにて、完全無料でフル動画視聴可能となっています。

この機会にもう一度見てみるのはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました