『パピヨン映画(1973)』の無料フル動画視聴方法!Dailymotionやパンドラも検証!

洋画

 

フランス史上において最悪といわれている流刑地「悪魔島」で起きた脱獄劇を描いた、1973年公開の映画『パピヨン』。

スティーヴ・マックィーン(主人公)と、ダスティン・ホフマン(主人公の友人)という豪華キャストでも注目を集めました。

 

何と主人公は命がけの脱獄を13年間で9回試みます

さらに驚きなのが、これは実話を元にした作品だということ。

 

また、作中の音楽は、『ランボー』や『スタートレック』、『2つの頭脳を持つ男』などの劇中音楽を担当した名作曲家ジェリー・ゴールドスミスが手掛けています。

主題歌は1973年のアカデミー作曲賞にノミネートされました。

 

公開された当時も注目を浴びましたが、今でも『パピヨン(1973)』は不滅の名作とされています。

2017年にはリメイク版が公開され、こちらも話題を呼びましたね!

 

今回の記事では作品の概要や、無料でフル動画視聴する方法についてご紹介していきますので、是非参考にしてみてください!

 

映画『パピヨン(1973)』を無料フル動画視聴する方法を徹底調査!Dailymotionやパンドラは危険?

 
こちらは現在執筆中となっています。
もうしばらくお待ちくださいませ。

 

『パピヨン(1973)』は実話を元にしている?

記事の冒頭でも触れましたが、『パピヨン(1973)』は、実話をもとにした作品なんです。

主人公のモデルは、映画の原作となった自叙伝の作家であるアンリ・シャリエール

 

なお、「パピヨン(papillon)」とはフランス語で「」という意味です。

アンリ・シャリエールは、胸に蝶の刺青をしていたため、「パピヨン」というあだなで呼ばれていたそう。

 

シャリエールは、1931年に殺人事件の容疑者として無期懲役刑を受けてしまいます。

いくつかの施設を経た後に、フランス領ギアナのデビルズ島の刑務所に収監。

繰り返し脱走を試みた結果、遂に脱走に成功しベネズエラに渡ります。

 

その後アンリ・シャリエールはベネズエラの市民権を取得。

そして、獄中生活を描いた小説『パピヨン』を1969年に発表、ベストセラー化し、映画化に至りました。

 

『パピヨン(1973)』の主題歌、音楽について

『パピヨン(1973)』の劇中曲は、ジェリー・ゴールドスミスが手掛けています。

主題歌(パピヨンのテーマとも呼ばれています)は、1973年度のアカデミー作曲賞にノミネートされました。

 

「脱獄を描いた作品」というと荒々しいイメージかもしれませんが、儚さや哀愁を感じさせる曲調となっています。

今でも映画音楽の名曲の一つとして、世界中のコンサートなどで取り上げられるような有名な楽曲なんですよ。

 

『パピヨン』2017年版も存在する!

『パピヨン』は2017年にリメイクされましたが、1973年版のファンも納得する出来の作品となりました!

2017年版では、アンリ・シャリエールの小説はもちろん、ドルトン・トランボの作成した1973年版映画の脚本もベースに構成されています。

よって、1973年版へのリスペクトもキチンと感じられる良作となっているんです。

 

1973年版でスティーヴ・マックイーンが演じた主人公を、2017年版ではチャーリー・ハナムが演じます。

パシフィック・リム』(2013)や『キング・アーサー』(2017)などの出演で有名ですね。

 

そして、主人公の友人役は1973年版ではダスティン・ホフマンでしたが、2017年版ではラミ・マレックが演じます。

ラミ・マレックは『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)のフレディ・マーキュリー役として出演し一大ブレイクした俳優。

見ごたえある配役なので、1973年版も2017年版も、両方とも見たくなりますよね!

 

『映画『パピヨン(1973)』を無料でフル動画視聴する方法&映画プチ情報

実際の脱走劇を描いた『パピヨン(1973)』。

本作では、主人公が何度も脱走を試みる中で、様々な衝撃的場面に出くわします。

 

例えば目の前で脱走の常習者がギロチンにかけられたり、脱走の道中で「らい病」患者の隔離島に行きつくなど…。

原作者であり、主人公のモデルとなったアンリ・シャリエール自身がこういった体験をしていたんだと想像すると、何とも言えない気持ちになりますね。

 

衝撃的な場面だけでなく、エンタメ性にも富んでいますので、ドキドキ&ワクワクしながら楽しむことができる作品となっています。

この機会に観てみるのはいかがでしょうか?

 

タイトルとURLをコピーしました