キングダム2映画続編のキャスト予想!羌瘣は誰?呂不韋、李牧、麃公も気になる!!

邦画

 

『キングダム』は、紀元前の中国大陸を舞台にした歴史ドラマ。

累計6600万部を売り上げた人気漫画を原作にしており、映画の興行収入はなんと57億以上

豪華なキャストとハリウッド並みの高レベルなアクションシーンが迫力満点で、2019年に公開された邦画作品の中では第3位となるほどの特大ヒットとなりました。

 

そんな中で続編となる『キングダム2』の制作が発表されましたが、原作では新たな登場人物とともに本格的な戦闘シーンに突入することから、どの部分まで?と話題を呼んでいます。

 

今回は、キングダム2で描かれる原作の範囲と、新たな登場人物の紹介をしていきます。

 

あわせて、キングダム2に出演するキャストの予想もしていきたいと思います!

キングダム2続編は原作のどの部分まで進むのか?

『キングダム』では、原作漫画の1巻〜5巻までの内容で公開されました。

6巻からは信が戦場に出て蛇甘平原の戦いが起こります。

 

いくつもの戦いを経験する中で暗殺集団に出会ったりしますが、16巻の馬陽防衛戦くらいまでが『キングダム2』の範囲になるのではないでしょうか。

ここまでの範囲を約2時間の映画作品にするにはかなり厳しいと思いますが、現時点でのキーパーソンである王騎が討ち取られるシーンまでを一本に凝縮されるのではないかと推測します。

映画キングダム2(続編)のキャストを大々予想してみた!

羌瘣(きょうかい)

 

華奢な見た目と異質な強さをあわせ持つ羌瘣は、キングダム2での再注目のキャラクターです。

 

すでにキングダムに出演している河了貂(かりょうてん)役の橋本環奈さんのように美しく、

アクションシーンもこなせる女優が選ばれると思います。

 

1人目は、土屋太鳳さん。日本女子大学に在籍しており、運動神経も抜群です。

2人目は広瀬すずさん。サッカーやバスケなど、スポーツ少女としての役も多く演じていますよね。

 

一番期待が大きいのが、キングダム連載10周年記念動画で羌瘣役を演じた山本千尋さん。

3歳のころから中国武術を習っており、女優として活動する前には武術太極拳の選手として大活躍していました。まさに羌瘣役にピッタリ。

 

麃公(ひょうこう)

 

麃公は、山崎賢人さんが演じる信の初陣である対魏戦で総大将として登場します。

本能型の武将のため、戦では常に自ら最前線に立って戦います。

 

その勢いのあるイメージから、第一候補に上がったのが香川照之さん。

半沢直樹に出演した際に大きな声で喝を入れるシーンが多く見られたことが非常に印象的。

強い目力と威厳のある大きな声で指示をだしながら本能のままに闘う姿が目に浮かびます。

 

また、劣勢な状況から一転して有利状況に持っていくリーダーシップを考えると、哀川翔さんもイメージにはぴったりなのではないでしょうか。

車好きから発展してモータースポーツに励むなど、動体視力は誰よりも優れているため、戦況を見極める能力に優れていると思います。

 

また、強面といえば遠藤憲一さん。

かつてはVシネマの常連というほど悪役にハマっていましたが、最近では人情派の役も多く演じていますね。

 

麃公の一見他人を考えていないような行動すら、多くの部下を仕切るための判断であったりする複雑な心境を演じ切れるのではないでしょうか。

 

呂不韋(りょふい)

 

元は商人であった呂不韋ですが、圧倒的な頭脳と財力で上り詰め、国内最大級の勢力を手にします。

常に勢力の拡大のことを考えており、時には危険な行動すらもいとわない強い意志を持つ重要人物です。

 

かなり重要なキャラクターであることから、俳優としての経験も実力も兼ね備えたキャストになるのではと予想されます。

 

第一候補は、吉田鋼太郎さん。

蜷川幸雄さんの手掛けた作品では常連として数々の舞台に出演している実力派俳優です。

ミステリアスで今後の展開に大きく関わる役柄にぴったりですね。

 

そのほかにも様々な俳優が思い浮かびますが、呂不韋にぴったりなのが渡辺謙さん。

ラストサムライをきっかけにして世界で活躍を続けていますが、難しい役柄であることはもちろん、見た目もぴったりだと思います。

 

李牧(りぼく)

 

秦国の王将である王騎と闘う李牧は、若くありながら自身の経験から自軍の兵士達への心配りを欠かしません。

王騎役の大沢たかおさんと張り合えるような俳優がキャスティングされるのではないでしょうか。

 

少し若いですが、ネット上でも期待の声が大きかったのが松坂桃李さん。

侍戦隊シンケンジャーで俳優デビューしたことから、アクションはばっちりですね。

 

名前の「桃李」は中国の書物『史記』からとっているそうなので、中国史にも触れているのではないでしょうか。

 

または、「カメレオン俳優」と呼ばれ、どんな役にも憑依するように演じることができる松山ケンイチさんも李牧役にぴったり。

 

数々の映画でアクションシーンを披露していますが、バク転やバク宙を軽々とこなしてしまうような運動能力があるのだとか。

 

また、男たちのヤマトに出演したことにより、戦争や平和について深く考えるようになったそうです。

その経験を生かして深みのある演技に期待できますね。

 

龐煖(ほうけん)

 

キングダム登場人物の中で最強ともいわれる龐煖は、連載10周年の動画で演じていたのは五城健児さんでした。

高身長・筋肉質な肉体を考えても、このまま映画でも五城さんが演じるのではないでしょうか。

 

秦の6大将軍や強豪たちをも討ち取る実力から、ほかには鈴木亮平さんや伊藤英明さんなど肉体美に定評のある俳優からキャスティングされて欲しいですね。

 

蒙武(もうぶ)

 

敵の罠だと分かっていても突き進むことを選んでしまう猪突猛進な性格を持っている蒙武ですが、それでもしっかりと勝利を勝ち取る圧倒的な強さを持っています。

若干歳が行き過ぎている印象ですが、ネット上で大きかった声は藤岡弘、さん!

仮面ライダーなどでアクションシーンはお手の物だと思います。

 

紫夏(しか)

 

政がここまで強くいられるのには、当時闇商人であった紫夏との出会いが大きく影響しています。

仲間が命を落としても政を励ます凛とした女性で、原作でも涙なしでは見られないシーンのひとつですよね。

 

出演シーンは少ないと思いますが、短時間でもインパクトを与えることのできる女優の波瑠さんがぴったりだと思います。

しっかりとした芯を持ったキャラクターなので、そのイメージは壊さないで欲しいですね。

 

正式なキャスト発表はいつ?

前作の制作発表が2018年10月でしたが、すでに撮影や編集はほとんど完了した状態での発表でした。

実際に公開されたのが2019年4月16日でしたので、公開の半年前に発表されたことになります。

 

前作の通りでいくと2020年の11月か12月には発表される予想ですが、

世界的状況を鑑みると、撮影がうまくいかず2021年頃の発表になるかもしれません。

 

【まとめ】キングダム2映画続編のキャスト予想〜羌瘣・呂不韋・李牧・麃公は誰?

今回は、キングダム2の映画続編のキャストを予想しました。

 

キングダムの物語が大きく進む、羌瘣との出会い。

そして宿敵、李牧の存在・・・

 

ストーリーはもちろんのこと、キャストが誰になるのか、発表が待ち遠しいですね。

 

2020年冬ごろの発表が期待される、キングダム2。

漫画、アニメでの予習復讐も忘れずに!笑

 

タイトルとURLをコピーしました