【バイオハザード2】映画の最後/ラストの結末ネタバレ!口コミ評判は?

洋画

 

2004年に制作された『バイオハザード2 アポカリプス』。

 

カプコンの大人気ホラーゲームが原案のサバイバルアクションホラー映画、

バイオハザード』の続編です。

 

この記事では、映画最後の展開を含む結末ネタバレと、口コミ評判を解説していきます。

 

ラストの展開はどうなるのか、是非チェックしてくださいね!

 

【映画】バイオハザード2のネタバレ!最後のラスト結末は?

簡単なあらすじ

舞台はラクーンシティ。

 

T-ウィルスの蔓延で町としての機能を失いつつある状態

町はアンブレラ社によって隔離壁を設置され、人々が出るには検疫所を通過しなくてはなりません。

しかし、その検疫所で感染者が出たため、アンブレラ社の指揮官であるケインによって唯一の出口が封鎖されてしまいます。

混乱の中、更に感染者は増え、ラクーンシティは壊滅的になってしまいます。

 

事態の収束と、数々の証拠を消すために、アンブレラ社はラクーンシティ滅菌作戦として、核ミサイルを使用し、町ごと吹き飛ばそうと計画します。

主人公アリスは、生き残った人々を連れて無事に脱出することができるのでしょうか。

 

Tウィルスができた理由とは?

ストーリーの中心軸にあるT-ウィルス。

 

このウィルスは、アシュフォード博士の娘アンジェラの病気を治すために作られました。

アンジェラはT-ウィルスのおかげで歩けるようになり、普通の子どもとして生活することができています。

 

しかし、その研究成果はアンブレラ社に奪われ、様々な実験に使われることになりました。

それに苦悩するアシュフォード博士の姿も劇中で見ることができます。

 

そのT-ウィルスの実験により、T-ウィルスをたくさん投与された主人公アリス

彼女はウィルスの変異で超人的な力を手に入れます。

それは「ネメシス計画」の一部として、実験が企てられているのです。

 

アリスVSネメシス

ラクーンシティからの脱出劇がメインストーリーですが、脱出しようとするアリス達を狙う者がいます。

 

ロケットランチャーなどを使いこなす怪物、「ネメシス」です。

 

「ネメシス」の特徴は、

 

T-ウィルスの数々の変異によって強靭な進化をしたアンデッド

・実は『バイオハザード1』でアリスとは別の研究所に連れて行かれたマット・アディソン

変異により人間だった時の記憶はない

・他のアンデッドとは違いあらゆる武器を使いこなせる知能を持っている

 

です。

 

アリスか、ネメシスか

どちらがよりT-ウィルスの適合者なのかを見極めるために、「ネメシス計画」は始動。

 

アンブレラ社からの命令を受け取ったネメシスは執拗にアリスを追跡するのです。

 

ネメシスとの一騎討ちで、肉体を変異させ強靭な体を手に入れたネメシスに対し、変異を行うことなく驚異的な力を見せつけたアリス。

この戦いの結末は意外なラストを迎えます。

 

映画の結末は!?

脱出のヘリまで辿り着いたアリス達。

ヘリを守るアンブレラ社の隊員を撃退し、ヘリに乗ろうとするところにネメシスがやってきます。

 

離陸を急ぐアリス達のもとに、ケインが現れ、捕まってしまう仲間達。

仲間を人質に取られ、アリスはケインの指示で、再びネメシスと戦います。

 

拳同士で戦い、ネメシスに圧倒的な力を見せつけたアリス。

ネメシスにとどめを刺そうとした時、彼がかつての仲間、マットであったこと

自分と共に、彼もT-ウィルスの実験体となり、彼は人の姿から変異してしまったことを思い出します。

 

ネメシスにとどめを刺せないアリスに、「ネメシスの進化はここまでだ」と言い放つケイン。

それを聞いたネメシスはなんと、ケインらアンブレラ社を裏切り、アリス達に加担するのです。

 

ラクーンシティにミサイルが落ちるまで、あと5分

 

形勢は見事に逆転し、アリス達はヘリで脱出します。

しかし、ミサイルがもうそこまで迫っており、ヘリは爆風に巻き込まれてしまいました

 

場面が変わり、ヘリが墜落した現場で、アイザックス博士が変わりはてた姿のアリスを発見。

アイザックス博士はアリスを再生させ、アリスは新たに生まれ変わります。

 

記憶をなくし、自らの名前すらも忘れたアリスでしたが、突如記憶が滝のように脳内を過ぎり、彼女はすべてを思い出します。

そうして、アンブレラ社の隊員を装い、アリスを救出しにきたジルやカルロスらと合流。

 

戻ってきたかのように思えたアリスでしたが、その瞳にはアンブレラ社のマークが浮かび上がり、「アリス計画」始動するというアイザックス博士のセリフで、幕を迎えるのです。

 

【映画】バイオハザード2の口コミ/評判

 

ジルがしっくりし過ぎ!
アリスの動きが尋常ではなく、人類vs生物兵器、というより生物兵器vs生物兵器な映画に感じました。
バイオハザードに期待するものをしっかりと見せてくれて面白いです。

 

一作目に比べて一般人が出てきているので、ゾンビの恐ろしさが分かりやすく伝わって来ました。
アリスが窓をぶちぬいて飛び込んでくるシーンは格好良かったです。
また、第二の主役、ジルが忠実に再現されていたのも高評価。

 

前作からの正統な続き物。前フリは一切なく、冒頭からエンジン全開。
とにかく慌ただしくて、もう少しじっくり見せてほしいんだけど、特にアクションシーンなどは目まぐるしいほど、画面がパッパッと切り変わる。
でも最高です!

 

パワーアップしていてアクションに派手さが増していてとても楽しめました。
前作よりもすこしグロくなったかなと思いましたが、作品の魅力がたくさん伝わってきて良かったと思います!

 

原作にも配慮しつつ映画オリジナルシナリオ、キャラなど入れたのは良い。
アクション、ホラーも程よいが、前作のバイオハザードに比べると仕掛けが少ない感じがして物足りなかったのは否めないかも・・・

 

前作の続編ともあって、映画に対する期待感は大きいものでした。

 

何と言っても、ジル・バレンタインの再現度が圧倒的な見所

特に彼女が登場したシーンは鳥肌もので、ここまで再現できたシエンナ・ギロリーを高く評価している感想が多く、ファンの期待に応えた形になりましたね。

 

ただ、ダブルヒロインなので、ジルの強さがそんなに表現できていなかった所は、少し残念だという声もありました。

 

とはいえ、前作同様、ド派手なアクションシーンは健在

更にパワーアップしたアリスの強さが尋常じゃなく、その無双感も今回の見どころです。

ビルの壁を垂直に走って降りていくシーンやアリスとネメシスの格闘シーンなど、見せ場となるシーンが多く、楽しめる映画となっています。

 

【まとめ】映画『バイオハザード』のネタバレ解説〜口コミ/評判について

この記事では、映画最後の展開を含むネタバレと、口コミ評判を解説してきました。

ダブルヒロインの綺麗さと終末観満載の舞台のコントラストは、見る者を惹きつけます。

 

そして何より、ド派手なアクションシーンは一見の価値あり!

 

この機会に是非視聴してみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました