ビフォアサンセットをフル視聴!違法動画は危険?主題歌曲や評判、最後の結末ネタバレ含め徹底解説!

ビフォアサンセット フル視聴 洋画

 

旅先で恋に落ち、一夜を過ごし別れた『ビフォアサンライズ』から9年後、

2人が再会したときのことを描いた『ビフォアサンセット』が公開されました。

 

9年間お互いを思いながらも、現実を受け入れ生きていた2人。

今回再会したことによって気持ちはどう変わっていくのでしょうか?

 

この記事ではビフォアサンセットのあらすじやネタバレを交え、

切ないラストシーンから、実際に映画を見た人の評判までを詳しく解説していきます。

また、映画のシーンを彩る主題歌を1曲詳しく掘り下げ、映画自体の魅力もお伝えしますね。

 

さらにビフォアサンセットの動画を、Dailymotionなどにアップロードされた

違法動画ではなく無料でフル視聴できる方法もご紹介します!

 

ビフォアサンセットを無料フル動画視聴する方法〜Dailymotionなどの違法動画サイトは危険

コチラは現在執筆中となります。

もうしばらくお待ちくださいませ。

 

ビフォアサンセットの主題歌・曲紹介〜ニーナシモンの歌は?

ビフォアサンセットの物語のなかで最も見どころと言えるラストシーン。

そこで流れている、主題歌でもある曲が「Just In Time/Nina Simone」です。

 

ニーナシナモン

アメリカのジャズ歌手で「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人シンガー」に29位にランクイン。

曲が素晴らしいのはもちろんのこと、黒人差別に対して声を上げた活動家の一面もある。

 

映画の中では2人でこの曲を聴きながら、セリーヌはニーナ・シナモンの踊る真似をします。

まさにニーナシナモンが歌うこの曲は2人の幸せな瞬間を表しているのです。

 

そんな彼女が歌う優しくも儚い歌は、2人の会えた喜びと再度離れなければならない寂しさを代弁しているようで、

映画の魅力をより一層引き立ててくれることでしょう。

 

また、映画のラストにセリーヌが歌う、「A Waltz For A night」という曲は、

なんとジュリー・デルピー本人が作曲したということで驚きです!

 

セリーヌの、ジェシーに対する思いがそのまま表現されているかのような曲。

ビフォアシリーズに思い入れがあるからこそ、セリーヌの気持ちを代弁したかのようなリアルな曲を歌えるんですね。

 

あらすじ

ビフォアサンセット フル視聴

 

9年前、旅先で運命的に出会ったアメリカ人のジェシー(イーサン・ホーク)とフランス人のセリーヌ(ジュリーデルピー)。

様々な会話を交わすことでお互いがお互いを好きなことに気付きます。

しかし半年後に再会する約束を交わし別れることになります。

 
それから9年後、2人は偶然パリの街で再会。

ジェシーは作家として9年前のウィーンでの思い出を小説にし、セリーヌは環境保護団体で働くエリートに。

 

そんな2人は9年間のブランクなどないかのようにパリで多くのことを語り合います。

そしてウィーンでの思い出、現実に対する不満や悩み、しまいにはお互いの9年間の気持ちがあふれ出てきて・・・。

 

ビフォアサンセットでの一番の見所は、9年の時を経て2人は再会し、この2人がどう思いを伝えあっていくか、ということ。

たった85分の映画から表現される2人の世界は見逃せません。

 

最後の結末はどうなる?ネタバレ徹底解説!

ここからネタバレを含みます。見たくない方は飛ばしてください

 

9年前のウィーンでの思い出を小説にし、瞬く間に名の知れる作家となったジェシー。

そんなジェシーはヨーロッパでのプロモーションのため、パリの本屋でトークショーを行います。

それを知ったセリーヌは本屋へ足を運び、2人は9年の時を経て再会します。

 

2人に残された時間はジェシーが帰国するまでの85分。

その限られた時間の中で、9年前ウィーンの街中を歩き回ったのと同じように、

またも2人はパリの町中を歩き回り、語り合います。

 

そして当たり障りのない近状報告から、お互いの私生活について話していくうちに、

徐々にお互いの想いを打ち明けるようになります。

 

セリーヌことが忘れられず、結婚してからも妻を愛せない」とジェシー。

恋する気持ちをあの一晩で使い果たし、もう何も残っていない」とセリーヌが言います。

 

そして「約束した半年後に再会していたらどんな未来が待っていたのか・・・」とやりきれない思いを話し合うようになります。

 

ジェシーは既婚者となり、お互い9年前の無邪気な若者ではないと分かっているせいか、

「結局どうにもならない・・」という複雑な感情をお互いが持っています。

 

最後、空港へ向かう途中、見送りのためセリーヌのアパートへ2人は向かいます。

セリーヌの曲がどうしても聞きたいとジェシーは言い、セリーヌが『A Waltz For A Night』という曲を歌います。

そう、この曲はセリーヌがジェシーへの飾らぬ思いを描いた曲だったのです。

 

この曲をジェシーは聴きながら、セリーヌは歌いながら、お互いがどれほど大切な存在か認識し直したのでしょう。

セリーヌは「飛行機に遅れるわよ」といい、ジェシーは「わかってる」と答えながらもソファーに腰かけたまま、物語は幕を閉じます。

 

その後、ジェシーは空港へ向かったのか?

それとも飛行機をキャンセルして2人で過ごしたのか?

 

映画では触れられていませんが、おそらくこのまま2人で過ごしたんだと思います。

ラストは曖昧な形で終わります。

 

しかし視聴者には、

「2人の想いが伝わったんだな」と思わせるような仕掛けがされていて、曖昧ながらも素敵な結末でした。

 

『ビフォアサンライズ』では、”無邪気な若者らしく恋をする”という印象でした。

そして9年後『ビフォアサンセット』では、

お互いが大人になり様々な経験をしてきたからこそ惹かれ合うという2人の姿に心動かされた方も多かったのではないでしょうか?

 

ビフォアサンセットの評判と感想

ビフォアサンセット フル視聴

 

実際にビフォアサンセットを見た方々の評判をまとめてみました。

 

展開が読めないから、ずっとドキドキしながら二人の会話が続いていく。そしてまだ、もう一作あるとの事。楽しみ!

 

切ない。前作の2人よりずっと臆病で、前よりずっと手慣れてる。それでも引かれる気持ちを隠しきれない様子をうまく映し出している。

 

ただただ二人の会話が続いていって、大きな進展はない。けど9年越しの恋という大きな話が、短い時間の切り取りで表現されています。

 

9年ぶりの再会。あの時会えなかった…何故?どうして!二人の思いが会話をするうちに溢れ出て、切ない。

 

会話のテンポがものすごくよくて、本当に素で、アドリブで話をしているのではと思ってしまうくらい!

 

映画を実際に見た方々の高評価なレビューをたくさん見つけることができました。

 

特に”前作ではもどかしくも別れた2人が、9年間の時を経て再会する”、という壮大な話であるにもかかわらず、

物語はほとんど2人の会話だけに85分という短い時間の中に凝縮されています。

 

また高評価だったのは、イーサン・ホークとジュリー・デルピー2人が繰り広げるのテンポの良い会話。

まるで本当に台本なしで実際に会話を交わしているようです。

 

しかし、2人のとりとめのない会話の中に、大人になった2人の悩みや再会したことにより溢れ出した感情がよく表れています。

そんな物語の流れがとても良く表現されていて、「最後まで目が離せなかった!」と多くの方が評価していました。

ラストシーンは曖昧な形で終わりましたが、2人の心が通じ合ったように感じられ素敵な気持ちになりました。

 

映画ビフォアサンセットの無料動画フル視聴方法〜作品解説とネタバレ・評判

この記事ではビフォアサンセットを無料フルで視聴する方法と、作品の解説、ネタバレ、評判を見てきました。

 

無邪気な若者だった『ビフォアサンライズ』での2人、結婚や多くの恋愛をし現実に悩む『ビフォアサンセット』での2人。

そんな9年前の2人と比べながら、揺れ動く感情や抑えきれない切ない気持ちを感じ取るのも楽しみですね

2人が会話をしながら歩き回るパリの町並みも素敵で、つい物語から目が離せません。

 

普段恋愛映画を見ない方々もなぜか、ビフォアシリーズは気になってしまうようです。

それはビフォアサンセットが単なる恋愛映画ではなく、

2人の間で交わされる会話の深さや人間のリアルな部分にスポットを当てている映画だからではないでしょうか。

 

そして、思いを再度通じ合わせたように見える2人ですが、なんとその9年後を描いた三作目『ビフォアミッドナイト』に続くんです!

こちらも必ずセットでみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました